fxの自動売買用語:プロフィットファクター

fxの自動売買用語:プロフィットファクター

 

こんにちはsinoです。

 

今回はfxの自動売買に関する用語について

お話していきたいと思います。

 

 

今回ご紹介するのは「プロフィットファクター

FP(プロフィットファクター)です。

 

自動売買の成績を見るときに英語でいろいろと

書かれている部分ってありますよね。

そのうちの1つにこのプロフィットファクターという言葉が

でてきます。

 

どんな意味なのかと言うと

 

トータルの利益(勝ち金額)/トータルの損失(負け金額)

って計算になります。

 

 

「算数苦手だな~」って人あまり拒否反応示さないでくださいね。

 

とっても簡単な計算式です。

 

 

例えば20回のトレードをした場合

勝率が50%だとします。

すると

 

勝った回数は10回

負けた回数は10回

 

となります。

 

そして勝った回数は10回ですが、

金額は分かりませんよね。

トータルで1000円勝ったのかもしれませんし、

10000円勝ったのかも分かりません。

 

 

そして負け金額も同様で2000円負けたのか

5000円負けたのかも分かりません。

 

もし勝った金額が28000円で

負けた金額が21000円だとすると

 

28000円÷21000円=約1.33

 

つまりこの場合だとプロフィットファクターは約1.33になる訳です。

 

eaの成績を見るときにはこのプロフィットファクターが1以上のものを

見つけます。「資金が増えている」ということですからね。

 

しかし、あまりにもこのプロフィットファクターの数値が大きいと

逆に注意が必要です。

 

運用期間が短い場合や検証期間が短いと

この数値が高くなるからです。

 

ではどの程度の数値なら大丈夫なのかというと

目安としては1以上3未満ではないでしょうか?

 

 

あまり高いと注意しましょうってことですね。

 
このサイトは、fxの無料の自動売買ソフト「ゲムトレード」について解説しています。
詳しい情報・登録についての記事はこちら⇒ゲムトレードの記事へ

ゲムトレードは、本来数万円程する自動売買ソフトを

無料で提供するサイトです。

fxの自動売買に挑戦してみたい方や

fxでなかなか勝てない人、

資産構築を探している人のお手伝いをしてくれます。

 

私もこのサイトを利用しています。

運用実績も公開しているので各記事を参考にしてくださいね。


sinoから5400円相当のプレゼント♪ fxトレードの軍資金集めや情報商材の購入資金に最適。 ノーリスクで稼げる「自己アフィリエイト」と呼ばれる 稼ぎ方が1番ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です