wトップとwボトムの天井と底

wトップとwボトムの天井と底について
解説します。

相場が上昇をしている際に出現するのが
wトップです。その反対に下落をしている
最中に出現するのがwボトム。

下記の図はwトップのイメージなのですが
上昇をしている相場が①のポイントで反転して
②まで下降した後上昇しています。

この時に赤い線が強いレジスタンスラインとなっています。
そして青い線がネックラインといいます。

wwtopbottom

ネックラインが特にエントリーポイントとなることが多く。
仮に逆行してもすぐに損切りができます。

底の場合も同じことがいえます。

しかしwトップだと思っていても
更に上昇する場合もあります。
再度上昇する動きがみられた場合は、

天井パターンではない可能性が高いのです。

ここでもサポートとレジスタンスのルールが生きているといえます。


sinoから5400円相当のプレゼント♪ fxトレードの軍資金集めや情報商材の購入資金に最適。 ノーリスクで稼げる「自己アフィリエイト」と呼ばれる 稼ぎ方が1番ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です