カテゴリー別アーカイブ: fxのテクニカル分析

wトップとwボトムの天井と底

wトップとwボトムの天井と底について
解説します。

相場が上昇をしている際に出現するのが
wトップです。その反対に下落をしている
最中に出現するのがwボトム。

下記の図はwトップのイメージなのですが
上昇をしている相場が①のポイントで反転して
②まで下降した後上昇しています。

この時に赤い線が強いレジスタンスラインとなっています。
そして青い線がネックラインといいます。

wwtopbottom

ネックラインが特にエントリーポイントとなることが多く。
仮に逆行してもすぐに損切りができます。

底の場合も同じことがいえます。

しかしwトップだと思っていても
更に上昇する場合もあります。
再度上昇する動きがみられた場合は、

天井パターンではない可能性が高いのです。

ここでもサポートとレジスタンスのルールが生きているといえます。

三角持ち合い

三角持ち合いについて解説します。

fxのテクニカルで重要な三角持ち合いです。

上昇や下降の途中でよく三角持ち合いが出現気ます。
三角持ち合いとは高値や安値を結んだトレンドラインが
時間とともに収束して、その後に上・下のどちらかに
大きく動くパターンです。

三角収束のブレイク直後に順張りでエントリーすると
利益を取りやすい傾向にあります。

三角持ち合いの種類

三角持ち合いにも種類があります。
ペナント・フラッグ・トライアングル、ダイヤモンドフォーメーション
この4つです。

■ペナント