カテゴリー別アーカイブ: 一言コンテンツ

現在のトレンドはドル円は上向き

アメリカの大統領選挙も驚きのトランプになりましたね。

私も個人的にはヒラリーだろうなんて思っていましたが、オオハズレです。

為替相場もぐい~ん、ぐい~ん。

イッテコイからの上に上昇。円安方向となりました。

まあ、アメリカの大統領選挙以前にドル円はグラフ的には日足レベルで下降トレンドは終了していた感じがありましたので想定内といえば、想定内なのですが・・・

 

確か7月ごろに為替ニュースを見ていたら、アナリストは年末に向けて円安になるといっていました。

本当かヨッ!って思っていましたがまさにその通りとなりました。まあ結果論なのでアナリストがすごいとは思いませんが・・・

 

当面は円安になりそうですね。

さすがに現在109円なので110円当たりで一度レジスタンスになると予想していますが、

裁量トレードをされる方は注意してくださいね。

そのまま115円まで突き抜ける可能性も視野に入れておかないと大損を喰らってしまいます。

 

または110円から1、2円上がって110円のストップを刈り取ってから下降にはいる可能性もありますからね。

 

あれこれいっても私は為替の予想やでもなんでもありません。

いちトレーダーですけどね。

グラフ自体は6年以上見ているので、この辺りでこんな感じに動くかなぁ?なんて自分予想を建てています。

 

それにしても世界における日本の立ち位置がまた変わりそうな気もします。

トランプも世界経済の学習をして大統領としての資質を磨いてほしいものです。

なんでもトランプが日本を嫌っていた理由の一つに、自分の会社が1990年代に日本のバブル崩壊で、

5000億円の損失をだしたからだとも言われているようです。

 

うらみつらみは怖いですね。

でもその感情を持ちこまないで欲しいものです。

 

政治経験のない野心家の過激な発言

「イスラム教徒は入国禁止」「クリントン氏の取りえは女性であることだけ」など
米大統領の共和党候補指名獲得を確実にしたトランプ氏は、
型破りな言動で大衆の心をつかんでいる一方移民差別や女性蔑視の過激発言を繰り返しています。
トランプ氏は不動産業で45億ドルもの資産を手にした大富豪です。
政治経験はありませんが過去の米大統領選でも出馬に意欲を見せてホワイトハウス入りに強く執着する野心家でもあります。
さて、ドナルド・トランプ氏は一体どんな人なのか?
簡単なプロフィールを紹介します。
経歴 実業家でタレント、個人資産は45億ドル
政策・主張 イスラム教徒や移民に排外主義的発言
家庭 結婚3回 男女5人の子どもがいる
強み 大衆心理を掴む演説と豊富な資金力
トランプ氏は米国の利益を最優先とし、欧州やアジアの同盟国との関係見直しに言及しています。
日米安全保障条約は米国の負担が重く「不公平」だと主張しており、
日米同盟強化派が常だった過去の共和党候補とは一線を画しています。
そして日米が主導する環太平洋連携協定(TPP)にも反対しています。
自国の安全保障に自力で対処すべきだとの考えがあるようですね。
その主張に共感する米国民は少なくないようです。