円高が定着し、一時99円台に

外国為替市場で円相場が一段と上昇し、一時1ドル=99円台後半を付けました。
世界経済の先行き不安で米国の早期利上げが見込みにくいことから円高圧力だ強まり、
1ドル=100円を挟んだ高値水準が定着しつつあります。
政府、日銀は患部が急所集まって対応を協議し、投機的な動きがないか絶えず注視していくことを確認しました。。
輸出企業の業績悪化への懸念から、日経平均株価の終値は大幅下落となりました。
円高進行を受けて財務省、金融庁、日銀の幹部が臨時会合を開いて意見交換しました。
会合後に財務省の浅川財務官は記者団に対して「四六時中耐えず注視する」と語り、
投機的な動きがあれば適切に対処する考えを改めて強調しました。
東京市場で1ドル=100円を突破したのは英国民党表で欧州連合離脱派が勝利した
6月24日依頼約二か月ぶりです。
米連邦公開市場委員会の7月分の議事録を材料に、米国が早期に追加利上げに踏み切るのは難しく、日米の金利差はさほど広がらないとの観測が強まり、一時99円65銭まで円高ドル安が進みました。

値を戻す場面もありましたが、政府、日銀の幹部会の内容が報じられると、
市場では円高抑止の具体策に乏しいと受け止められ、失望感から円買いドル売りが再び勢いを増しました。


sinoから5400円相当のプレゼント♪ fxトレードの軍資金集めや情報商材の購入資金に最適。 ノーリスクで稼げる「自己アフィリエイト」と呼ばれる 稼ぎ方が1番ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です