首相がキューバへ初訪問を検討

安倍信三首相は9月、米ニューヨークで開かれる国連総会への出席に合わせて
日本の首相としてキューバを訪問する方向で検討に入ったと政府関係者が18日明らかにしました。
2国間の連携強化を確認し、日本企業によるキューバへの投資拡大を目指します。
ラウル・カストロ国家評議会議長やラウル氏の兄のフィデル・カストロ前議長との会談を調整します。
首相が初のキューバ訪問を検討する背景には、米国とキューバが昨年7月、
54年ぶりに国交を回復し、各国とキューバによる関係改善の流れが強まるなか、
日本としても関係を強化して国際社会での存在感を高めたい狙いがあります。
キューバを含む中南米諸国との連携消化に動く中国に対抗する狙いのほか、
北朝鮮と良好な関係を維持するキューバに、日本人拉致やミサイル・核問題の
解決に向けた働き掛けを求め、局面打開を図りたい思惑もありそうですね。
日キューバ関係では岸田文雄外相が昨年5月、日本の外相としてキューバの首都ハバナを初訪問しました。
日本の政府開発援助を拡充することや経済改革を後押しするため、両国の政府と企業関係者による「官民合同会議」を新設することで合意し、昨年11月にハバナで初めての会議を開きました。

天然資源に恵まれたキューバに対して中国の習金平国家主席は2014年に中国主席として初訪問し、
投資協力を確認しています。


sinoから5400円相当のプレゼント♪ fxトレードの軍資金集めや情報商材の購入資金に最適。 ノーリスクで稼げる「自己アフィリエイト」と呼ばれる 稼ぎ方が1番ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です