円建てとドル建ての違い

円建てとドル建ての違いについて解説します。

 

fxの自動売買をするためには
海外の口座を作る必要があります。

 

海外の口座を開設する時に選ぶのが
円建てとドル建て。
どちらを選べばよいのか迷ってしまいます。

 

例をあげて説明すると
100万円を持っていたとします。
為替相場が1ドル99円だとすると

 

その100万円を円建てにすれば⇒100万円
ドル建てにすれば=99万円

 

1万円減ってしまいましたね。
しかし1ドル=120円だったらどうでしょう。

 

100万円が120万円になりますね。

 

要するにどちらの通貨で売り買いした方が
得なのかってことになります。

 

これは一眼にどっちがよいとは言えません。

 

円高になれば100万円は減りますし、
円安になれば100万円は増えるってことになります。

 

円建てのメリット
fxの自動売買をするにはmt4(メタ4)というソフトを
使ってトレードするのですが、管理画面も円(jpy)で
表示されるので日本の感覚でできます。
また、日本円での出金時に為替の手数料(両替手数料)
が不要になります。

 

円建てのデメリット
円建て口座が利用できる海外FX業者は限られています。

 

ドル建てのメリット
ほぼ全ての海外FX業者が利用でき、
複数の海外FX業者を同時に資金管理をする場合、
ドル建ての方が管理がしやすい。

 

ドル建てのデメリット
日本円への両替時に為替手数料が必要。

 

円建てとドル建てどっちがいいのか?
海外の口座をいくつも管理するのであれば
ドル建てがいいですが、

 

初心者の場合まず海外のfx口座を使って
自動売買を始めることを目的とする方が良いでしょう。

 

慣れてくればドル建て口座を持てば
いいだけの話。

 

スキャルピングやデイトレードなど短期の取引で、
テクニカル分析をメインとする場合は、
円建てのほうが為替手数料がない分お得です。

 

よく理解できなかった人は円建てで始めれば大丈夫です。


sinoから5400円相当のプレゼント♪ fxトレードの軍資金集めや情報商材の購入資金に最適。 ノーリスクで稼げる「自己アフィリエイト」と呼ばれる 稼ぎ方が1番ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です